" 「代理店型の方が安心」というのは本当なのか?

「代理店型の方が安心」というのは本当なのか?

通販自動車保険のテレビコマーシャルが毎日頻繁に流され、まるで通販型の自動車保険の日本におけるシェアが急拡大しているかのような印象を持ちますが、現実には、通販型のシェアはまだ8%程度のようです。

ネットの質問・回答サイトなどを見ればよくわかりますが、従来の保険代理店関係の方々でしょうか、「安い保険は事故の時安心できない」「保険に詳しくなければ通販は危ない」などと、カウンターインテリジェンスに一所懸命のようです。

通販型の車の保険は、業界の90%を占める副業アマチュア代理店が販売して来た従来の任意保険の市場に、代理店手数料(保険料の20%)などの中間コストを省いた画期的な価格の保険をもたらしました。

車のディーラーなどは、保険代理店になってはいるものの保険のプロではありません。

「代理店は事故のときに駆けつけてくれる」という根拠のないコメントもありますが、ディーラーの方が駆けつけて何ができるというのでしょうか。

プロ代理店なら頼りになるかもしれませんが、でも代理店によるあっせんや仲介は法令違反なのです。しかも、深夜や土日はどうなのでしょうか。24時間365日対応の代理店など聞いたこともありません。

一部のプロ代理店経由の場合を取り上げて「代理店型の方が安心」というのは、客観的で正しい答えだとはとてもいえないでしょう。

通販型の電話による24時間365日受付の「初期対応」の方が、安心感という点でははるかにましなのではないでしょうか。

※初期対応…事故直後の状況聞き取り・アドバイス、病院、警察、修理工場への連絡・手配

中には、「良いプロ代理店を見つけるのがポイント」という正直なコメントもありますが、身近に専業のプロ代理店が無い地域の方々はどうすればいいのでしょうか。

そもそもそんな代理店による当たり外れの大きい商品(品質の違う商品)を一律の価格で販売していることに問題があるというべきかも知れません。

通販の自動車保険は、代理店型の高い自動車保険は必ずしも「安心料」で高くなっているのではないことをしめし、中間コストが無い場合の「適正価格」を私たちに教えてくれたと思います。


―車の査定も関連情報でお得に―
自動車一括査定のデメリット
メリットの多い無料一括査定にも注意点が。

「代理店の方が安心」の本当の意味

代理店が事故対応を行うわけではありません!

専業「プロ代理店」であっても代理店が事故時のあっせんや仲介などをすれば法令違反になります。
意外と知られていませんが「事故対応は保険会社が直接行う」のは代理店系でも通販でも同じことです。

事故の時の代理店型のメリットは
あくまでも「アドバイスが受けられる」ということになります。


ネットで「代理店探しが何よりも重要」というコメントが多いのは、
アメリカなどと違って専業の代理店が10%しかない日本の現状が背景になっています。

「代理店の方が安心」というのは
20%の手数料に見合うプロ代理店に恵まれた場合の話だと考えるべきです。


同じ保険なのに代理店によって品質が違う?

ディーラーなど副業代理店はクルマのプロではありますが、保険のプロではありません。

代理店の質によってこれほど品質の違ってしまう高額商品が、
同じ値段で販売されていること自体が問題なのかも知れません。

損保会社でも過去の「代理店の粗製濫造」を反省して代理店の再教育などを行なっているようですが、
状況が簡単に変わることはないでしょう。


その点通販自動車保険のサービスは代理店の質に左右される心配がありません。

事故対応24時間365日受付、初期対応(病院、修理工場への連絡等)365日実施、ロードサービスなど
顧客全員が均一のサービスを受けられるしくみになっています。


※こんな話どうかな?
車を売却する時は下取りと買取の相場の違いを知っておくべきです。
特別な事情がなければ買取がおススメです。


このページの先頭へ